【野の花亭こむらさき】異国情緒を感じさせる洋皿あり!季節の懐石料理を堪能|伊豆下田温泉

下田野の花亭こむらさきの夕食 前菜

伊豆・下田温泉「野の花亭こむらさき」の宿泊レポの3回目です。

気ままな女ひとり旅です。

前回はお部屋の紹介をしました。「野の花亭こむらさき」は全部で5室しかない小さなお宿で、全室に源泉かけ流しの専用露天風呂がついています。

今回は夕食の紹介です。

下田は開国の町。和を基本としながら、異国情緒を感じさせる洋を取り混ぜた創作懐石料理を楽しむことができます。

野の花亭こむらさき 部屋でいただく季節の懐石料理

食事は18:00~。

チェックイン時に確認をしてくれます。私が宿泊した日は満室で他のお客さんの食事時間とかぶっていたので、仲居さんも忙しそうでした。

▼ずらりと並んだ料理の数々。品数が多い!

下田野の花亭こむらさきの夕食 先椀松茸土瓶蒸し

下田野の花亭こむらさきの夕食の御品書き

それでは夕食スタートです。

先付、前菜、食前酒が一緒に運ばれてきます。

下田野の花亭こむらさきの夕食 先付と前菜と食前酒

下田野の花亭こむらさきの夕食で使った鶴の形の箸置き

富士山の箸置きと小さな鶴

食前酒

下田野の花亭こむらさきの夕食の食前酒

食前酒は柑橘系の果実酒です。

先付

下田野の花亭こむらさきの夕食 先付 柿の白和え

柿の白和え

前菜

下田野の花亭こむらさきの夕食 前菜

6種の前菜の盛合わせ

内容は以下の通り。

  • 手毬寿司
  • 煮こごり
  • 栗甘露煮
  • 紅葉麩
  • 衣かつぎ
  • 自家製金目鯛燻製

 

下田野の花亭こむらさきの夕食 前菜 手まり寿司
下田野の花亭こむらさきの夕食 前菜 煮こごり
下田野の花亭こむらさきの夕食 前菜栗甘露煮
下田野の花亭こむらさきの夕食 衣かつぎ
下田野の花亭こむらさきの夕食 前菜 金目鯛の燻製

銀杏が煮こごりに変更になりました。衣かつぎはサトイモを揚げたものだそう。もっちりした食感。

鶏肉かと思ったら金目鯛の燻製でした。食べてみると周りは香ばしく中身はしっとりしており、美味しかった。

晩秋らしく、紅葉をあしらったお皿が可愛い。

先椀

器は濃いグリーン。吸い込まれてしまいそうに綺麗な色です。

中身は晩秋にふさわしいメニュー「松茸土瓶蒸し」

下田野の花亭こむらさきの夕食 先椀 松茸土瓶蒸し

香り高い松茸土瓶蒸し、秋の食材の定番です

スダチをかけてさっぱりいただきます。お出汁も美味しいので全部飲み干します。

御造り

御造りは2種類あります。予想していなかったのでテンションが一気にあがる。

下田野の花亭こむらさきの夕食 御造り

下田港水揚げ魚御造り

お魚は4種類。どれも白身の食べやすい魚です。

  • おなが
  • いさき
  • むつ
  • かわはぎ
下田野の花亭こむらさきの夕食 伊勢海老の御造り

伊勢海老御造り

どどーんと伊勢海老がまるごと1匹。あたまは翌朝のお味噌汁の具になります。身がプリプリ。

蒸し物

下田野の花亭こむらさきの夕食 蒸し物 アクアパッツア

アクアパッツァ

今まで和の料理が続いていたため、いきなりアクアパッツァが登場して少々驚いきました。

具材はホタテ、ムール貝、エビ、サザエ、ミニトマト、ブロッコリーなど。

お出汁が美味しいのでスープまで飲んでくださいと、スタッフさんが。

魚介のお出汁がしっかり染みだした薄味のスープが美味しくて、またしても全部飲み干してしまった(笑)

洋皿

下田野の花亭こむらさきの夕食 伊豆牛のビーフストロガノブ

伊豆牛 ビーフストロガノフ

ビーフストロガノフはしっかり濃い目の味付け。お腹がいっぱいになりかけていたので、少々苦しかった。できればビーフストロガノフじゃなく、ステーキで食べたかったかもしれない。

付け合せのブロッコリーが冷たかったのも残念…。

油物

下田野の花亭こむらさきの夕食 天麩羅

天ぷら

エビ、なす、シシトウ、かぼちゃの天ぷら。揚げたてでアツアツ。塩をかけていただきます。

焼き物

下田野の花亭こむらさきの夕食 焼き物 海老の塩焼き

アシタカ海老 外裏の天然塩塩焼き

色んな調理方法でエビが食べられるのはエビ好きには嬉しい。こちらはシンプルに塩とレモンをしぼっていただくお料理です。そのシンプルさが好み。

煮物

下田野の花亭こむらさきの夕食 煮物 蕪の含め煮

蕪 含め煮

ほっこりするあっさり味の煮物。蕪は柔らかく煮込まれておりトロトロ。

酢の物

下田野の花亭こむらさきの夕食 酢の物 もずく酢

もずく酢

もずく酢にはとろろとイクラがトッピングされている。やや酸味が強めだと感じました。

御飯 止め碗 香の物

下田野の花亭こむらさきの夕食 食事

おなかがいっぱいで何も食べられない!と、はちきれそうなほどですが、やはりご飯が出てくると少しでも食べたいと思ってしまう(笑)というわけで結局食べちゃいました。

下田野の花亭こむらさきの夕食 香の物
下田野の花亭こむらさきの夕食 止め碗

お味噌汁は海藻たっぷり、具だくさんお味噌汁です。

デザート

下田野の花亭こむらさきの夕食 デザート

フルーツとシャーベット

さっぱりして食べやすかったので、なんとか完食!ふう~、ボリュームたっぷりで動けないほど満腹になりました。

▼地下1,000メートルから汲み上げた深層水を持ってきてくれます。冷えていて湯上りに飲むと美味しかったです。

下田野の花亭こむらさきの夕食後の冷たい水

▼食事が終わったらお布団を敷きに来てくれます。あとはお風呂に出たり入ったり、テレビ観たりして、ゴロゴロ。

下田野の花亭こむらさき 夕食後にふとんと敷いてくれる

一口サイズの小さなお夜食

下田野の花亭こむらさきのお夜食

1口サイズの小さなおにぎりが2つ。お風呂に何度も入っているうちにおなかがこなれてくるので、夜遅くにいただきました。

下田野の花亭こむらさきの夜食のおにぎり

『野の花亭こむらさき』夕食のまとめ・感想

とにかくボリュームたっぷりで食べごたえがありました。御造りが2種類あるのも嬉しいですね。伊勢海老や松茸などの高級食材も食べられましたし、大満足です。

ただ、1つだけ。

ドリンクメニューの注文ができなかったことが残念でした。オーダーを取り忘れているのかなと思ってスタッフさんに声をかけると、「冷蔵庫の中から出して飲んでください。」と。

ペットボトルの緑茶を自分で出して、自分でついで飲みました。

一晩の宿泊料金が3万円以上で、決して安い宿ではないので、これは残念。というか初めての経験かも。。少しだけお酒飲もうかなと思っていたので余計ショックが大きかったのでした…。

『野の花亭こむらさき』が予約できる宿泊サイト

準備中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です